20代の内に行っておきたい場所6選

ここ日本は、海外の人々からも人気の国です。地球上の他のどことも違い、近未来的な建物が立ち並んでいたり穏やかな竹林があったり、ネオンに満ちたゲームセンターもあれば静かなお寺もありますよね。食べ物は素晴らしく人々も親切、そして世界中で最も優れている内の1つとされる公共交通機関網を誇ります。この利便性と活気ある混沌さが海外の人々から魅力のようです。

見るべき場所は沢山ありますが、どこから始めれば良いでしょう?以下でご紹介するのは、私達が選び抜いた、特に見に行ってもらいたい場所6選です。

京都

鮮やかな着物を纏った芸者達が木造の茶屋から出入りする姿、竹林、金銀朱色に染まった神社仏閣、砂紋が描かれた日本庭園、漆器で提供される気品あるごちそう達、美しい茶会、そしてお店を埋め尽くす未知の商品達といった、思い描いた通りの伝統的な日本がそこには広がっています。

東京

京都が日本の歴史的中心地だとすれば、東京はその現代版です。高層ビルが立ち並び、にぎやかなゲームセンターや人々が行き交う交差点、若者達の派手な服の流行、そして最高のレストランが数多く存在します。例えひたすら食べ続けるだけでも、東京では素晴らしい時間が過ごせます、現にベジタリアンの私達も素敵な食事ができました。

東京は私達がやったこともないような不思議な体験の宝庫です。テーマ型のカフェ(猫、鳥、ナース、ロボット、ウサギ、東京なら思いつく物はなんでもあります)から五感をフルに使って感じるパフォーマンスやゲームセンター、そしてコスプレしてゴーカートできる体験まで存在します。

高山

高山は日本アルプスの外れに位置する驚くほど美しい小さな町で、日本でも有数の観光が盛んではない行き先の一つです。私はそこで伝統的な木造建築や、色とりどりの神社、美しく配置された木立、そして川を渡る鮮やかな赤い橋などの景色に溢れた、古い町並みの地域を散策して楽しみました。

箱根

富士山は多くの人に人気の場所ですが、辿り着くのが難しく、景色が雲に遮られてしまう時もありますよね。山を望める場所(河口湖も良い選択肢の一つです、下をお読みください)がいくつか存在しますが、箱根は東京からも簡単にアクセスができますし、もし富士山を見ることができなかったとしても他に楽しめる事が十分にあります。

金沢

金沢は海外からの観光客は少ないですが素敵な街の一つです。京都の人気が増していますが、代わりに穏やかな花街が体験できて木造建築も未だ残る金沢を訪れてみてください。他にも国内有数の緑地や壮大な城、美術館などもいくつか訪れる事ができます。

日光

僧院の街でユネスコ世界遺産地でもある日光は、東京から北に数時間進んだ山脈の中に位置しており、都会から離れて一息つくのにピッタリです。この地域は息をのむような秋の紅葉で有名です。緑豊かな坂道には、朱色の門と苔むした石灯籠がある神社仏閣が点在しています。他にも見に行くべき場所は多く存在しますが、これでひとまず20代の内に行っておきたい場所のご紹介は以上です。